【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2022目黒記念G2 全馬指数

今週は目黒記念を予想する。

東京2500mで行われるハンデG2だ。

 

全馬指数・前提条件

  • 出走馬18頭の指数を算出した。近4走指数1位はボッケリーニとアリストテレスで77。
  • 優勝想定ラインは76と設定する。G2としてはやや低レベル。
  • Cコース2日目/6日。連続開催12日目/20日
  • 近4走逃げ経験あり1/18頭。近4走中2度以上先行(1角3番手以内)2/18頭。
  • 今週からCコース替わり。馬場は土曜日の競馬を見てから判断。
  • 逃げ先行馬が圧倒的に少なく、2500mという距離、スタート後に上り坂というコースを考えても、スローペース濃厚。昨年の目黒記念ほどスローになる可能性もある。
  • ハンデ戦で能力差は小さく、能力よりも展開で決まる可能性が高い。前に位置取れる馬を狙っていきたい。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 ボッケリーニ     77

1位 アリストテレス    77

3位 ウインキートス    76

4位 マイネルウィルトス  73

4位 ディアマンミノル   75

4位 アサマノイタズラ   75

7位 マカオンドール    74

7位 プリマヴィスタ    74

7位 フライライクバード  74

9位 ランフォザローゼス  73

11位 トラストケンシン    72

11位 モズナガレボシ     72

13位 ダンディズム      71

14位 ラストドラフト     70

14位 バジオウ        70

14位 パラダイスリーフ    70

14位 ベスビアナイト     70

14位 ゴールドギア      70 

 

 

ボッケリーニ77

近4走指数ベストは前走の日経賞で77。

近4走指数は73→73→75→77。

4走前のアンドロメダSでは指数73、2走前の中日新聞杯では指数73と平凡。

2走前のAJCCでは状態良化分もあり指数75と好走した。馬場が悪く伸びない内側を通ったが、ロスのないコース選択でもあった。斤量は56kg。

前走の日経賞では指数77とベスト更新。斤量は56kg。

6歳にして能力は上昇しているし、距離延長にも対応できている。年齢を重ねて長距離適性にシフトしてきたか。

さて今回だが、斤量はトップハンデの57kgを背負うので前走並みとは行かないが、状態も良さそうだし、指数75程度で好走すると判断し本命とする。この距離なら位置を取れるのも良い。

 

アリストテレス77

近4走最大指数は3走前の京都大賞典で77。

近4走指数は69→77→74→74。

生涯ベストは8走前の菊花賞で指数80。世代最強馬コントレイルと併せ馬になったことで、最大限のパフォーマンスを発揮して指数80と跳ね上げた。ただしここがピークでその後は指数を更新できていない。

4走前の宝塚記念は指数69と大敗。

3走前の京都大賞典では仕上がり十分で指数77と好走した。

2走前のジャパンCでは指数74と平凡。

前走の有馬記念では指数74と平凡。

宝塚記念を除けば指数74〜77と安定傾向。菊花賞時の指数は難しいだろうが、現状でも指数77とG2並みの能力はある。

さて今回だが、斤量57.5kgは前走と0.5kg差で特に問題ないだろう。外傷で日経賞の回避空けと、前走出脚が鈍く後方からとなった点が若干気になるところではあり、展開面も考慮して指数74程度を想定し抑え評価とする。

 

ウインキートス76

近4走指数ベストは4走前のオールカマーで76。

近5走指数は76→70→59→66。

生涯ベストは6走前の目黒記念で指数79。ただし極端なスローペースを2番手追走で展開に恵まれた面が大きい。さらに、斤量52kgにも恵まれており再現性はない。

4走前のオールカマーでは斤量55kgの据え置きで指数76と伸ばした。斤量を考えたら実質ベストと言って良く順当に成長している。ただし内有利馬場でインコースをロスなく捌いた好騎乗でやや恵まれた感はある。

3走前のエリザベス女王杯では指数72と平凡。オールカマーほど展開が向かなかったことと斤量1kg増の56kgとなったことで指数を落としたか。

2走前の有馬記念は指数59と大敗。タフな馬場でのハイペースのスタミナ比べとなり、適性以上にスタミナが問われ直線で既に余力がなかった。

前走の日経賞もタフな展開に対応できず、そもそも後方からレースに参加できておらず指数66と低値だが度外視でいい。

さて今回だが、昨年好走しているコースであり、馬場も軽いし斤量54kgも良い。状態は特に変わり身はないが、昨年同様前につけれれば好走可能。ただ、前走の出遅れも気になり信頼度は低め。指数74程度を想定して抑え評価とする。

 

マイネルウィルトス75

近4走指数ベストは3走前のアルゼンチン共和国杯で75。

近4走指数は73→75→71→69。

生涯ベストは6走前の福島民報杯では指数85とベストを大幅更新。ただし斤量54kgだったし、極端に時計のかかる不良馬場で道悪巧者を発揮したための好走である。良馬場での再現性は薄い。

4走前の札幌記念でも指数73と良馬場ではベスト更新だ。

3走前のアルゼンチン共和国杯でも指数75と良馬場ではベスト更新。

2走前のチャレンジCでは指数71と落とした。やや捲り気味にロンスパを仕掛け最後は脚が余っていなかったように見れる。

前走の日経新春杯では指数69と力負け。状態は良かったが力負けということでやや下降傾向に入ったか。

さて今回だが、状態は平凡であり、最大で指数73程度を想定し消しとする。

 

ディアマンミノル75

近4走指数ベストは前走の大阪ハンブルクCで75。

近4走指数は73→66→69→75。

4走前のアルゼンチン共和国杯は指数73と平凡。上がり最速と力は示しているが、このレースも高速瞬発力勝負を後方から差し遅れて脚を余している。

3走前の中日新聞杯は指数66と落としたがドスローの前残りで脚を余したため度外視で良い。

2走前の万葉Sは距離3000mということもあって脚を余すことなく使うことができたが、指数69と力負け。距離が長かったか。

前走の大阪ハンブルクCでは最後方から追い込みが決まり指数75とベスト更新。

ここまでを振り返り、差しが届く展開なら能力上位に引けを取らないが、なかなか脚を使い切ること少ない。

さて今回だが、状態面で変わり身はなし。能力を出し切れば好走は可能だが、展開的にも後方から差し遅れる可能性が高い。展開面で評価を落とし、最大で指数73程度を想定し消しとする。

 

アサマノイタズラ75

近4走指数ベストは2走前のAJCCで75。

近4走指数は68→50→75→69。

4走前の菊花賞は指数68と落としたが距離延長で折り合いも欠いていたしそもそも3000mは適性より長いこともあるし度外視で良い。

3走前の有馬記念は指数50と低値。好走したスプリングSセントライト記念はそこまで上がりのかかるレースではなかったが、有馬記念では極めて時計のかかるスタミナ比べになっており適性が合わなかったか。

2走前のAJCCでは指数75とベスト更新。ただし外差し優勢レースを最後方からの追い込み競馬で恵まれており再現性は薄い。斤量は56kg。

前走の日経賞では後方からレースに参加できず、指数69と低値だが度外視でいい。

さて今回だが、状態面では変わり身なし。今回はスローペース濃厚であるが、この馬は基本的には追い込み一辺倒なので展開は向かないか。指数72程度に落とすと想定し消しとする。

 

マカオンドール74

近4走指数ベストは2走前の阪神大賞典で74。

近4走指数は68→73→74→60。

4走前の江坂特別では指数68で2勝クラスを勝利。完勝で最後流しておりまだ能力的には上がある。

3走前の万葉Sでは指数73とベスト更新。ただし斤量52kgの恩恵を受けているし、直線でロスなく捌いた好騎乗もあり再現性は薄い。

2走前の阪神大賞典では指数74とベスト更新。斤量55kgにも対応した。

前走の天皇賞春では斤量58kgと極めてスタミナの問われるレースに対応できず指数60と落とした。

さて今回だが、状態は特に変わり身なし。斤量は55kgに戻るし、指数74程度を想定し抑え評価とする。

 

プリマヴィスタ74

近4走指数ベストは前走の三方ヶ原Sで74。

近4走指数は67→57→62→74。

前走の三方ヶ原Sでいきなり指数74と跳ね上げベスト大幅更新。ただし斤量54kgの恩恵も大きく、得意の中京競馬場でもある。

さて今回だが、状態は平凡。斤量53kgは良いが、高指数は前走だけで信頼度は低いし、東京競馬場は3度走っていずれも掲示板外と適性もない。指数70程度を想定し消しとする。

 

フライライクバード74

近4走指数ベストは3走前のアルゼンチン共和国杯で74。

近4走指数は73→74→57→73。

4走前のムーンライトHCでは指数73と好走。

3走前のアルゼンチン共和国杯では斤量55kgもあり指数74とベストを更新した。

2走前の日経新春杯では直線で進路を失い戦意喪失。指数57と低値だが度外視でいい。

前走のメトロポリタンSでは指数73と好走。

さて今回だが、特に変わり身はなく、最大で指数74程度を想定し抑え評価とする。

 

ランフォザローゼス73

近4走指数ベストは2走前のダイヤモンドSで73。

近4走指数は68→65→73→62。

生涯ベストは2019年の毎日王冠で指数74。ただし斤量は54kgと恵まれていた。

4走前のディセンバーSでは指数68と力負け。

3走前の白富士Sは指数65と低値。外枠からロスしながら道中位置を押し上げたこともあり直線で余力はなかった。ジャックドールが作るペースを外からペースアップしながら押し上げては厳しい。

2走前のダイヤモンドSでは指数73と好走したが、斤量54kgの恩恵が大きく、距離3400mでもあり再現性は薄い。

前走の日経賞では後方から不参加ではあったが、伸び平凡で物足りない。指数も62と低値。

さて今回だが、状態は前走並み。斤量54kgではあるが、能力的に足りず、2走前のような追い込みでは展開も合わない。指数70程度に落とすと想定し消しとする。

 

トラストケンシン72

近4走指数ベストは3走前の中日新聞杯で72。

近4走指数は70→72→68→64。

4走前の甲斐路Sは斤量55kgで指数70と平凡。

3走前の中日新聞杯は斤量53kgにも恵まれ指数72とベストタイ。

2走前の日経新春杯は斤量53kgと恵まれてはいたが指数68と力負け。

前走の日経賞では後方から不参加ではあったが、伸び平凡で物足りない。指数も64と低値。

さて今回だが、状態は平凡。斤量53kgと恵まれはしたが、能力的には足りない。差し脚質で展開も合わないし、指数70以下を想定し消しとする。

 

モズナガレボシ72

近4走指数ベストは前走の新潟大賞典で72。

近4走指数は63→70→67→72。

生涯ベストは5走前の小倉記念で指数78。ただし、斤量53kgと差し優勢レースで展開が味方したためであり再現性は薄い。

4走前の福島記念は前で決まったレースを後方から差し遅れており度外視でいい。

3走前のチャレンジCでは指数70と力負け。

2走前の日経新春杯でも指数67と力負け。

前走の新潟大賞典でも指数72と平凡。フラットな展開では指数70前後が現状の能力か。

さて今回だが、特に変わり身はなく最大で指数72程度を想定し消しとする。

 

ダンディズム71

近4走指数ベストは前走の御堂筋Sで71。

近4走指数は66→65→65→71。

前走の御堂筋Sで指数71とベストを更新しOP入りを決めた。

さて今回だが、斤量54kgで前走から3kg減はあるが、展開的に後方から脚を余す可能性も高いし、G2では足りないか。斤量分の上昇は可能だが、それでも最大で指数73程度を想定し消しとする。

 

ラストドラフト70

近4走指数ベストは4走前の中日新聞杯で70。

近4走指数は70→69→69→69。

生涯ベストは9走前のアルゼンチン共和国杯と8走前のAJCCで指数76。斤量は56kg。

4走前の中日新聞杯は指数70と落としたが、前で決まったレースで後方から差し遅れており度外視で良い。

3走前のAJCCは指数69と低値。やや早仕掛けではあったが、状態も落ちており基本的には力負け。

2走前の日経賞では指数69と低値だが、後方からレースに参加できておらず度外視でいい。

前走の新潟大賞典は能力を発揮できて指数69と低値。

ここのところ能力を発揮できたり出来なかったりするが、指数は極めて安定傾向。

さて今回だが、状態は平凡。近走並みの指数70程度を想定し消しとする。

 

バジオウ70

近4走指数ベストは3走前のダービーと前走の府中Sで70。

近4走指数は67→70→68→70。

3走前にダービーで指数70と好走してから1年、前走の府中Sでも指数70と成長分はなし。

さて今回だが、斤量55kgとなるのでその分の上昇は可能か。また、状態も良さそうだし、2枠から前に付けれるのも展開的にも良い。能力は足りないが、斤量、状態、展開で指数を伸ばすことは可能で、最大で指数74程度を想定し抑え評価とする。

 

パラダイスリーフ70

近4走指数ベストは前走のサンシャインSで70。

近4走指数は67→69→69→70。

指数は安定傾向だが、近3走では斤量55kgから1kg増ずる対応していき、前走のサンシャインSでは斤量57kgで指数70と好走。

さて今回だが、状態は良さそう。能力的には足りないが、前走のように前に付けれれば展開面で補っての好走は可能。斤量2kg減でもあり、最大で指数74程度に伸ばすと想定し抑え評価とする。6歳だがまだ7戦しか使っておらずフレッシュ。

 

ベスビアナイト70

近4走指数ベストは前走の松籟Sで70。

近4走指数は64→65→65→70。

前走の松籟Sで斤量55kgで指数70と好走。3勝クラスを勝利しOP入りを決めた。

さて今回だが、斤量54kgと前走から1kg減では重賞では能力的に足りないか。状態面も変わり身はなく、指数70程度を想定し消しとする。

 

ゴールドギア70

近4走指数ベストは2走前の白富士Sで70。

近4走指数は63→67→70→67。

生涯ベストは7走前のメトロポリタンSで指数73。

近走は指数70以下でややピークは過ぎている。

さて今回だが、特に変わり身はなく、近走並みの指数70程度を想定し消しとする。

 

まとめ

◎ボッケリーニ    想定指数75

アリストテレス   想定指数74

△ウインキートス   想定指数74

マカオンドール   想定指数74

△フライライクバード 想定指数74

△バジオウ      想定指数74

△パラダイスリーフ  想定指数74

 

ハンデ戦ということもあり能力的には優劣つけがたい。展開的には前残りを想定しており、前に付けれる馬を高く評価した。昨年のように能力関係なく、展開の寄与が大きくなる可能性も大いにある。一応、状態良好かつ指数上位で前に付けれそうなボッケリーニを本命とした。ただし△の6頭と大きな差はない。ハンデ戦で能力混戦ということもあり、オッズも見てから検討したいところ。

あとは、当日の馬場、馬体重、オッズ等を見て結論を出す。最終予想(印と買い目1500円分)は、Twitter@K16005で公開する。