【指数競馬】重賞予想

独自指数で重賞の芝レースを予想します

2022ヴィクトリアマイルG1 全馬指数

今週はヴィクトリアマイルを予想する。

東京1600mで行われる牝馬限定のG1だ。

 

全馬指数・前提条件

  • 出走馬18頭の指数を算出した。近4走指数1位はデアリングタクトで81。
  • 優勝想定ラインは80と設定する。牝馬限定のG1としては平均からやや低レベル。
  • Bコース2日目/8日。開催8日目/20日
  • 近4走逃げ経験あり3/18頭。近4走中2度以上先行(1角3番手以内)4/18頭。
  • 今週からBコース替わり。土曜日の午前中まで雨の影響もあるので、馬場は土曜日の競馬を見てから判断。
  • 逃げ先行馬の頭数は少なめであり、ミドルからスローペース想定。馬場が回復すればペースは落ち着いて、上がりの出る瞬発力勝負か。

 

JRA芝近4走最大指数

1位 デアリングタクト   81

2位 レシステンシア    80

3位 アカイイト      79

4位 レイパパレ      78

5位 テルツェット     77

5位 ソングライン     77

5位 ミスニューヨーク   77

5位 ソダシ        77

5位 シャドウディーヴァ  77

10位 デゼル         76

11位 ファインルージュ    75

11位 マジックキャッスル   75

11位 メイショウミモザ    75

11位 クリノプレミアム    75

15位 アンドヴァラナウト   74

15位 ローザノワール     74

15位 アブレイズ       74

18位 ディヴィーナ      70

 

 

デアリングタクト81

近4走指数ベストは3走前のJCで81。

近6走指数は76→75→76→81→76→海外。

6走前の桜花賞では指数76とベストを大幅更新。

5走前のオークスでは指数75とほぼ変わらず。

4走前の秋華賞でも指数76とほぼ変わらずだった。指数を見る限り牝馬三冠レースでパフォーマンスは向上しておらず、指数76→75→76も例年と比べて平凡であり、圧倒的パフォーマンスの三冠ではないか。

ただ、三冠目の秋華賞は休み明けで完調手前での出走であり、それで指数76は上出来である。

3走前のJCでは斤量53kgと秋華賞を叩いた上積みで指数81とベスト大幅更新。

2走前の金鯱賞は休み明けで完調手前かつ斤量55kgを背負い指数76と落とした。

前走のQE2世Cでは海外競馬なので指数は出していないが、ラヴズオンリーユー、グローリーヴェイズの3着と好走し力を示した。

その後右前脚を故障し、今回が1年以上ぶりのレースとなる。

さて今回だが、状態は平凡。久々でもあるし一旦は様子見か。今回は金鯱賞並みの指数76程度を想定し消しとする。

 

レシステンシア80

近4走指数ベストは3走前のスプリンターズSで80。

近5走指数は75→79→80→海外→74。

5走前のヴィクトリアマイルは距離1600mに対応できず指数75と落とした。現状は1200〜1400mがベストと言って良い。

4走前のセントウルSでは完調手前で指数79と叩き台としては十分。斤量は54kg。

3走前のスプリンターズSではきっちり仕上げて指数80と指数ベストタイ。斤量は55kg。

2走前の香港スプリントは海外競馬で指数は算出していない。1,3番人気が落馬しておりレベル感も分からず、レシステンシア自身も落馬の煽りを受けておりこのレースの評価は難しい。

前走のスプリンターズSは休み明けでやや状態落ちであり、若干ハイペースで逃げたこともあり指数74と落とした。

さて今回だが、休み明けだった前走より十分に仕上がったが、マイルはベストではなく、昨年のVM並みの指数75程度を想定し消しとする。

 

アカイイト79

近4走指数ベストは4走前のエリザベス女王杯で79。

近4走指数は79→73→76→71。

4走前のエリザベス女王杯では状態抜群であり斤量56kgを背負いながら指数79とベスト更新。ただし差し優勢レースで展開には恵まれていた。

3走前の有馬記念は指数73と落とした。やや外を回すロスもあった。

2走前の金鯱賞では指数76と好走。フラットな展開ではこの程度が現状の能力か。斤量は55kg。

前走の大阪杯では指数71と落とした。後方からレースに不参加であり、もう少し前で運べていたら指数は伸びただろう。ただ伸び自体も平凡だったし、良くても75近くまでだったか。

さて今回だが、状態は前走よりは仕上がったか。それでも金鯱賞並みの指数76程度を想定し消しとする。

 

レイパパレ78

近4走指数ベストは2走前の金鯱賞と前走の大阪杯で78。

近4走指数は74→海外→78→78。

生涯ベストは7走前の大阪杯で指数86。59.8-61.8の前傾ラップを逃げきっており、マイペースを刻んだとは言え強い内容だった。とは言え、大阪杯は全馬の末脚が削がれる極悪馬場×マイペースの単騎逃げということ再現性が薄い。馬場が悪く折り合いがついたのも好走要因だろう。

4走前のエリザベス女王杯では指数74と低値。近走と比べてもかなり折り合いを欠いていたし、差し優勢レースを先行したこともあるし度外視で良い。

3走前の香港Cでは指数は算出していないが、相手関係から見て指数75程度か。折り合いがついた点は評価できる。

2走前の金鯱賞では指数78と好走。

前走の大阪杯でも指数78と好走。控えて折り合いがついて能力を発揮できた。フラットな展開で力を出し切れればこの程度が現状の能力か。

さて今回だが、状態は変わり身はなし。マイル戦で折り合いは付きやすくはなるが、そもそも時計が出た時に対応できるかは試金石。適性は分からないが、前走並みの指数78程度を想定し対抗評価とする。

 

テルツェット77

近4走指数ベストは3走前のクイーンSで77。

近4走指数は70→77→70→74。

4走前のヴィクトリアマイルでは伸びを欠き指数70の低値。持ち時計が足りず高速馬場に対応できなかったし、間隔が詰まって完調手前だったため度外視で良い。

3走前のクイーンSは状態良好かつ得意の時計のかかる馬場も合い指数77とベストを更新した。斤量55kgにも対応できた。

2走前のエリザベス女王杯では完調手前で指数70と落とした。

前走の中山牝馬Sでは指数74。斤量56.5kgを考慮したら十分能力を発揮できた方か。

また、この馬の特徴として基本的に出遅れるので、位置は取りにくい。

さて今回だが、状態は平凡。指数76程度を想定し消しとする。

 

ソングライン77

近4走指数ベストは3走前の富士Sで77。

近4走指数は74→77→68→海外。

4走前の関屋記念は斤量51kgと恵まれたが、指数は74と伸ばせず。

3走前の富士Sは指数77とベスト更新。斤量は52kgだった。

2走前の阪神Cでは指数68と大敗。原因は分からないが、右回り(同じ右回りの桜花賞も大敗)、もしくは、綺麗な良馬場を好む馬であり荒れ馬場が苦手などが想定される。

前走は海外であり指数はないが、G3で勝利。斤量55kgに対応し成長している。

さて今回だが、状態は良好で指数を78程度に伸ばすと想定し本命とする。

 

ミスニューヨーク77

近4走指数ベストは2走前のターコイズSで77。

近4走指数は71→68→77→74。

4走前の小倉日経OPは斤量54kgで71、3走前の府中牝馬Sは斤量54kgで68と平凡。

2走前のターコイズSは出遅れて後方からとなったが、豪脚で追い込み勝利。指数77とベスト大幅更新だ。ただし斤量は53kgと恵まれた。

前走の中山牝馬Sでは指数74。斤量2kg増の55kgを背負った分で若干落とした。

さて今回だが、特に変わり身はなく、前走並みの指数74程度を想定し消しとする。

 

ソダシ77

近4走指数ベストは4走前の札幌記念で77。

近4走指数は77→67→ダート→ダート。

6走前の桜花賞で斤量55kgで指数75と好走しており、ベストは高速マイルと言って良いか。

4走前の札幌記念では斤量52kgの恩恵も受け、指数77とベスト更新。

3走前の秋華賞では時計のかかるレースで距離が問われ、斤量55kgもあり指数67と落とした。

その後は2戦ダートを使った。

さて今回だが、マイル戦はベスト条件で好走可能。状態はまずまず良好であり、ベスト舞台で指数77程度を想定し3番手評価とする。

 

シャドウディーヴァ77

近4走指数ベストは4走前の府中牝馬Sで77。

近4走指数は77→76→61→68。

4走前の府中牝馬Sで本格化し指数77とベストを更新した。斤量は54kg。

3走前のジャパンCでも指数76と引き続き好走した。斤量55kgを考慮したら実質ここがベスト。この2走が能力としてのピークか。

2走前の有馬記念では指数61と大敗。距離2500m長かったしこの馬の適性よりタフなレースを先行し4コーナーでは余力がなかった度外視で良い。

前走の金鯱賞では指数68と低値だが、休み明けの完調手前で度外視で良い。

さて今回だが、前走よりは仕上がったが、それでも指数76程度を想定し消しとする。

 

デゼル76

近4走指数ベストは2走前の愛知杯で76。

近5走指数は63→73→76→74。

生涯ベストは6走前の阪神牝馬Sでは指数77。状態抜群かつ斤量も54kgと恵まれていた。

4走前の府中牝馬Sは完調手前で指数63と落とした。度外視で良い。

3走前のエリザベス女王杯では状態は良化したが斤量56kgということもあり指数73と平凡。レースでは仕掛けが遅く差し遅れてもいた。

2走前の愛知杯では指数76と好走した。斤量55.5kgを考えたら実質ベストと言っていい。また内を突いた馬が連対するレースを後方から外を回しての好走であり、差し遅れて能力を出し切れていないことを考えても指数以上に評価できる。

前走の阪神牝馬Sではやや差し遅れはあったが、ほぼ能力を発揮できて指数74とまずまず。斤量55kgではあるが、指数ベストを出した舞台としては物足りないか。

さて今回だが、特に変わり身はなく、指数75程度を想定し消しとする。

 

ファインルージュ75

近4走指数ベストは3走前の紫苑Sと2走前の秋華賞と前走の東京新聞杯で75。

近4走指数は65→75→75→75。

4走前のオークスでは指数65と低値。直線は進路を探すのに手間取ったが進路を確保できてからも伸びを欠いた。敗因は明確ではないが距離がこたえたか。

3走前の紫苑Sでは指数75とベスト更新。

2走前の秋華賞でも指数75と引き続き好走。

前走の東京新聞杯では休み明けで完調手前ながら指数75とベストタイ。

さて今回だが、前走以上には仕上がっており上昇は可能。最大で指数77程度に伸ばすと想定し抑え評価とする。

 

マジックキャッスル75

近4走指数ベストは4走前のクイーンSで75。

近4走指数は75→64→69→72。

生涯ベストは7走前の愛知杯で指数78。ただし斤量は54kgと恵まれていた。

4走前のクイーンSは指数75とやや落としたが、斤量56kgを考慮したら十分好走。

3走前の府中牝馬Sは指数64と落とした。ただし完調手前であり度外視で良い。

2走前の愛知杯では指数69と平凡。斤量56kgは厳しかったし、内を突いた馬が連対するレースで外を回しており展開的に厳しかった。さらに直線は早々に諦めてしまいそれほど追っていなかった。まだ度外視は可能か。

前走の阪神牝馬Sではやや差し遅れてはいるがほぼ能力を発揮できており、それで指数72では物足りない。若干衰えは出ているようだ。

さて今回だが、特に変わり身はなく、指数72程度を想定し消しとする。

 

メイショウミモザ75

近4走指数ベストは前走の阪神牝馬Sで75。

近4走指数は59→74→67→75。

4走前の知立Sでは終始外外を回すロスもあり指数59と低値。

ここまで3勝クラスは12戦勝利なしで足踏みしていたが、3走前の巌流島Sで指数74とベスト大幅更新で勝利しOP入りを決めた。

2走前の北九州短距離Sでは指数67と落とした。

前走の阪神牝馬Sでは斤量54kgで指数75と好走。再びベスト更新。

巌流島Sと阪神牝馬Sはいずれも上がり33秒台の瞬発力勝負であり、このようなレースを得意としていると言っていいか。

さて今回だが、特に変わり身はなく、前走並みの指数75程度を想定し消しとする。

 

クリノプレミアム75

近4走指数ベストは2走前の中山牝馬Sで75。

近4走指数は73→52→75→74。

4走前の京都金杯では斤量52kgの恩恵を受けて指数73とベスト更新。

3走前の京都牝馬Sでは距離短縮でスピードレースに対応できず指数52と落とした。

2走前の中山牝馬Sでは指数75とベスト更新。若干の外伸び馬場と斤量53kgに恵まれはした。また多少折り合いは欠いていた。

前走の福島牝馬Sでは斤量54kgを背負ったが、指数74と引き続き好走した。

さて今回だが、状態は良さそうで指数を76程度に伸ばすと’想定するが、まだG1では足りずとする。

 

アンドヴァラナウト74

近4走指数ベストは4走前のローズSと3走前の秋華賞と前走の阪神牝馬Sで74。

近4走指数は74→74→69→74。

4走前のローズSでは相手強化で指数74とベストを更新。斤量は54kg。

3走前の秋華賞でも指数74と引き続き好走。斤量55kgを考慮したら実質ベスト更新と言っていい。

2走前の愛知杯では休み明けの完調手前で指数69と落とした。度外視で良い。

前走の阪神牝馬Sでは十分仕上がり指数74と好走したが、昨年秋以降成長分は見られない。

さて今回だが、特に変わり身はなく、前走並みの指数74程度を想定し消しとする。

 

ローザノワール74

近4走指数ベストは2走前のディセンバーSで74。

近4走指数は72→68→74→71。

4走ぶりに芝レースを使った3走前のクイーンSでは指数72と好走。

3走前の府中牝馬Sでは指数68と力負け。

2走前のディセンバーSでは指数74とベスト更新。ただしスローペースの単騎逃げで展開に恵まれており再現性は薄い。

前走の中山牝馬Sでは伸びない内を通り、先行馬が残れない展開もあり指数71と落とした。

さて今回だが、特に変わり身はなく、指数72程度を想定し消しとする。

 

アブレイズ74

近4走指数ベストは2走前の中山牝馬Sで74。

近4走指数は68→68→74→67。

4走前マーメイドSは指数68と落としたが、斤量は56kgのトップハンデが厳しく度外視で良い。

3走前の府中牝馬Sは斤量54kgに戻ったが休み明けの完調手前で指数68と低値。

2走前の中山牝馬では斤量56kgを背負いながら指数74とベスト更新。ここへ来て、地力強化が見られる。

前走の福島牝馬Sでは指数67と落とした。伸びない内で揉まれて窮屈な競馬になってしまった。

さて今回だが、特に変わり身はなく、最大で指数74程度を想定し消しとする。

 

ディヴィーナ70

近4走指数ベストは前走の豊橋Sで70。

近4走指数は62→68→65→70。

成長中の4歳馬で前走の豊橋Sを指数70で勝利しOP入りを決めた。

ここまで中京に集中して使っており(4,1,0,0)と好走傾向。同じ左回りではあるが、関東への輸送は初めてでありその点がどう出るかは試金石。

さて今回だが、特に変わり身はなく、指数70程度を想定し消しとする。

 

まとめ

◎ソングライン   想定指数78

○レイパパレ    想定指数78

▲ソダシ      想定指数77

△ファインルージュ 想定指数77

 

能力上位のデアリングタクトは久々だし、実際のところ斤量の恩恵を受けて指数81を出したJC以外は指数平凡で、印象ほど強くはない。また、レシステンシアはマイルは少々長い。アカイイトもベストは展開利の恩恵を受けたエリザベス女王杯

このように指数上位は字面の指数ほど評価はできないため、抜けて強い馬がいない。

そんな中、成長中かつ追い切りの動きも良かったソングラインの上昇を見込んで本命とした。続いて、近走は安定傾向のレイパパレ、また、マイル戦は距離ベストのソダシ、前走完調手前でそこそこ頑張り、それ以上には仕上がったファインルージュに印を打った。

あとは、当日の馬場、馬体重、オッズ等を見て結論を出す。最終予想(印と買い目1500円分)は、Twitter@K16005で公開する。